スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by みぃ on --.--
Category :スポンサー広告

マクロスF TVシリーズと「イツワリノウタヒメ」を観終えてのgdgd感想

今更すぎるだろJK。
「サヨナラノツバサ」を観終えていないので、劇場版を熱く語ることはできませんが、TVシリーズの感想をば。
前提条件→ロボットアニメの知識全く無い。通して観たことあるのはエヴァンゲリオン、グレンラガンのみ。

私が気の強い御姉さまキャラが好きなせいか、どうしてもランカの行動一つ一つにイラッ☆(キラっ☆)としてしまう。
ただ、某所で言われていた「恋愛に振り回されて感情をこめて歌わなかったことで虐殺の手助けをしてしまったからムカつく!ありえない!」という意見には賛同できず。
と言うのも、私がたまたまグレンラガンを観ていたせいかもしれないがw
シモンがヨーコとカミナのキスシーン観てしまって、戦闘に集中できない・・・のと同じよね、ということ。
頭ではやるべきことを思っていてもそれが行動に伴わない、というのは人間であれば良くある話なわけで。
てか、ランカは人類の危機よりもアルト一人のほうがよっぽど大事だったんだと思う。
突然の失恋でフラフラになった心から奏でられる音は当然誰の心にも響かない。
ランカにとって歌の根源となっていたアルトを失って、それでも人類のために歌わなきゃ・・・ってシーンがあれば良かったけど、百歩譲って、まぁ、歌えなくても仕方ないのかな、とは思う。
・・・・とまぁ、ここまでは良いと思うんだけどさ。同情も(多少)出来るし。
ただ、結局ランカはその失敗を自身で反省することもなく、罰せられることもなく、チヤホヤされてしまう・・・。
ここが何というか、最大のこの作品の欠陥点だと思う。
グレンラガンではシモンは人が変わったかのように殻に閉じこもった。仲間からも叱られた。いつも死んだカミナのことを思い返し、「兄貴ならどうする?」と自問自答の毎日。
ランカは「守るべき存在」という甘い殻に守られていて、(むしろそれを武器にして)のらりくらりと過ごしてしまう。
死んでいった人々のことを悲しむ様子もない。
要するに1話から成長していない。
これじゃ、観ている人はランカを応援したくなくなるよね・・・。

全体としては、テンポ良く話が進んで、「次はどうなるの!?」とwktkしながら観ることが出来ました。
ただ、ロボットアニメというか・・・人間ドラマメインだよね、これは。
「イツワリノウタヒメ」では派手なバトルシーンがあってテンション上がったけど、TVシリーズにはそういう目立ったバトルがあまりなかったような?(ラストバトルは良かったけど!)
三角関係美味しいです、なカップル厨の私はなかなか楽しめました(^q^)
スポンサーサイト
Posted by みぃ on 23.2011   0 comments   0 trackback
Category :*レビュー*

女子のときメモ。

                          ときメモGS3
ときめきメモリアルGirl's side 3rd story
ストーリー:★★☆☆☆
音楽   :★★★★☆
システム :★★★★☆
総合   :★★★☆☆

とりあえず一通りのEDは見たので、レビューをば。
ここ1カ月毎日睡眠不足になりながらプレイしていて、星3つなのは自分でも意外・・・。
ただ、最萌(=嵐さん)への愛は今も限りなくありますw(むしろ増える一方!)
これからも毎日嵐さんの起動ボイスで1日が始まり、1日が終わるかと。
長くなります&ネタバレしまくりレビューをつらつら書きます。

まずはストーリーですが・・・これは恋愛SLGだからなのか?(←恋愛SLG初めてなので良くわかりませんが)
矛盾しているところが多すぎる。
兄弟は貧乏なのに、バイト週2だったり、バイク乗ってたり、下校デートで喫茶店行くし。
ルカは「自分がいるから~」的なことを良く言ってたように思うのですが、じゃあ何故周りに迷惑かけてるんだよwと思わずツッコミました。
後、設楽先輩の場合、告白END1で「ピアノを弾いているそばにはいつもお前が~」的なことを言われた気がするのですが、そんな場面あったっけ?とか。
そして思いっきり笑ったのが、青春△の不良絡まれイベント。
「今時あんな~」なんてニーナが言ってますが、兄弟はそいつらと真剣に喧嘩しているわけでw
遠まわしに青春△にディスられてますね、桜井兄弟。
もっとひどいと思ったのがADV。
シナリオ書いている人の問題なのかな?
文章がなんだか幼稚というか・・・時々キャラの声が出るから我慢して読んでいましたが、とにかく会話文ばっかりで、登場人物の心情が細かく描かれているわけではありません。
文章にするなら、それなりにきちんとした描写が出来るシナリオライターを持ってくるべきだったのでは。
(無理に文章にしないで、主人公無しのイベント(校内イベとかのノリで)で良かったんじゃないのだろうか。)
ちなみに、このストーリーのお粗末さに、最初好きだったあるキャラがどうでも良くなってしまいました(笑)

音楽は音質も良く、最高です♪
大接近のときの音楽が好きすぎて、現在私のメールの着メロ(笑)
後はやっぱり嵐さんの登場音楽が好きだなー。
何気なく口ずさんでしまうので、ちょっとヒヤっとします。
(周りにGS3プレイしている人がいたら笑われるw)

システムは恋愛SLG初めてなもので、良くわからない部分もあるのですが、私のような初めて乙女ゲーに手出した人にも優しいシステムになっているかと思います。
(攻略本orwikiは必須ですが。)
GS3に始まったことではありませんが、アルバムモードは本当にうれしい。
嵐さんを好きになったきっかけがクリスマススチルだったので、毎日のようにスチルを眺めてはニヤニヤしていますw

スチルと言えば。
主人公の体格とか、頭とかはあまりスチルや文章に入れないほうが良いと思います。
最初から主人公に明確なキャラ設定があって、名前も固定で・・・というゲームならわかりますが、ときメモって(おそらく)プレイヤーが疑似恋愛を楽しむゲームだと思うのです。
名前も「バンビ」というあだ名以外は決められていないのであれば、外見もなるべく表現しないのは、むしろ当たり前だと思うのですが・・・。
(チビキャラは仕方ないにしても。)
実は私、主人公がスチルに入り込んでいたために、テンションガタ落ちしたことがありますw

gdgdと書きましたが、ストーリーとスチルの主人公の入り方が良ければ、神ゲーになりえたのではないかと。
嵐さんは好きですが、ゲームとしては星3つです。

Posted by みぃ on 04.2010   0 comments   0 trackback
Category :*レビュー*

るろうに剣心~維新激闘編~

                    ruroken.jpg
タイトル :るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- ~維新激闘編~
発売元  :ソニー・コンピュータエンタテインメント
購入金額:500円


ブックオフにて500円だったので迷わず購入。
(そのあとAmazon見たら105円で売られていましたがorz)
他のゲームの息抜きにプレイしたら、10分くらいでストーリーモード、クリアしてしまいました・・・。
Amazonのレビューにも掲載されていましたが、なぜひょっとこまで出ているにもかかわらず、べしみ(←変換できない)がいないのか不思議でなりません。
(原作ではひょっとこより戦力になっていたと思うのですが。)
また、動きがもっさり。ほんと、このゲームはこの一言に尽きます。
肝心の蒼紫様は般若より弱いしw
私、格ゲーはスーファミのセーラームーンしか買ったことありませんが、そんな私でもクリア出来てしまうというある意味、親切設計(笑)
るろ剣ファンで更に御庭番衆編が一番好きな私のような人種ならそこそこ楽しめるかと思いますが、通常のるろ剣ファンがプレイするには相当辛い内容です。
(アニメのムービーは所々入っていますが、それ目当てに買うようなものでは無いです。)
でも蒼紫様ファンとして、これだけは言っておきたい。
何故回天剣舞が入っていないんですか?
Posted by みぃ on 03.2010   0 comments   0 trackback
Category :*レビュー*
 

プロフィール

みぃ

Author:みぃ
好きなゲーム:幻想水滸伝、女神転生シリーズ
最近ハマってるゲーム:ときメモGS
好きなキャラ:カミナ(グレンラガン)、蒼紫様(るろ剣)、人修羅(メガテン3)、不二山嵐(ときメモGS3)
基本ゲームは雑食です。
面白そうと思ったらなんでも手を付けます~。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。